Rule4

水溶性の食物繊維を意識してとり入れる

食物繊維は、人の消化酵素では消化することのできない食べ物の中の成分。便の量を増やして便秘を防ぐ不溶性食物繊維の働きは、ご存じのとおりだと思います。そこで、改めて注目したいのは、水溶性食物繊維。体内での消化吸収のスピードを遅くし、コレステロール値の正常化に役立つ働きは見逃せません。また、食物繊維の多いものを食べると、噛む回数が増えて唾液の分泌もよくなるため、満腹感を感じやすくなることも。これで、食べ過ぎ防止にもつながります。

水溶性、不溶性どちらも含まれているのは?

納豆

納豆には、水溶性、不溶性の食物繊維がバランスよく含まれています。大豆のもつ不溶性食物繊維の特性と、発酵によるネバネバ成分の水溶性食物繊維の特性がうまく備わっているのです。

納豆はごはんにかけず、刻んだオクラやキムチなどと混ぜて単品のおかずに。

アボカド、わかめ、オクラ、にんにく

水溶性の食物繊維

わかめなどの海藻類や、オクラやにんにくなどに多く含まれている、水に溶けやすい食物繊維です。消化吸収をゆるやかにして、血糖値やコレステロール値の上昇を抑える働きがあります。
カロリーが高めだからと敬遠していたアボカドも積極的に食べてOK。

しめじ、しそ、おから、ごぼう

不溶性の食物繊維

水に溶けにくい食物繊維で、水分を多く吸収して腸の運動を活発にし、便秘を防ぐ働きがあります。とり過ぎると便が硬くなったり便秘がちになることもあるので、ご注意を。ごぼう、きのこ類、しそ、おからなどに多く含まれています。

野菜のなかでは糖質が高めのごぼうですが、食物繊維を重視すればおすすめ食材!

やせおか生活が便利になる!
「やせおか.jp」を使ってみる
auスマートパス会員は無料で使えます!
登録はこちらから